外国為替

100以上の外国為替ペアにアクセスし、ポテンシャルの高い世界最大の金融市場に参入しましょう。

口座

注文約定

成行約定

通貨記号
平均スプレッド
pips
手数料
ロット毎/片道
証拠金
1:2000
ロングスワップ
pips
ショートスワップ
pips
ストップレベル
pips

外国為替取引時間

外国為替取引時間は日曜日の21:05から金曜日の20:59までとなりますが、以下の通貨ペアの取引時間は異なります:

金融商品開始終了
USDCNH, USDTHB
日曜日
23:05
金曜日
20:59
取引中止時間 -
USDILS, GBPILS
月曜日
05:00
金曜日
15:00
取引中止時間 15:00-05:00
表示時間はすべてサーバー時間(GMT+0)となります。

スプレッド

スプレッドは常に変動しているため、上記の表のスプレッドは前取引日に基づく平均値となっています。リアルタイムのスプレッドは、取引プラットフォームでご確認ください。

弊社で最も低いスプレッドはゼロ口座のもので、取引日の95%で0.0 pipに固定されます。これらの金融商品は、表中で*印(アスタリスク)が付いています。

スワップ

スワップは、日をまたいで保有される外国為替の取引ポジション全てに適用される金利です。スワップレートは通貨ペアごとに異なります。

スワップレートがマイナスの場合、スワップがポジションから差し引かれることを意味します。ただし、スワップレートがプラスの場合は、その金額が口座に入金されます。スワップはポジションが決済されるまで、週末を除く毎日22:00 GMT+0に発生します。

外国為替ペアを取引する際、週末に発生したコストを補填するために、水曜日にトリプルスワップを請求させていただきますのでご注意ください。

優待スワップフリーステータスの場合、上記の表で印が付いている金融商品にスワップは課されません。

イスラム諸国の居住者の口座は自動的にスワップフリーとなります。

固定証拠金所要額

エキゾチック通貨ペアの証拠金所要額は、使用するレバレッジに関わらず常に固定となります。これらの金融商品の証拠金は、金融商品の証拠金所要額に応じて決まるため、口座のレバレッジの影響を受けません。

変動証拠金所要額

口座の証拠金所要額は使用するレバレッジに基づきます。レバレッジを変更すると、証拠金所要額が変動します。

市況に応じてスプレッドが変動するように、ご利用いただけるレバレッジも異なります。これは、以下に挙げた様々な理由で発生します。

有効証拠金

口座で使用できる最大レバレッジは、口座の有効証拠金によって異なります:

有効証拠金(USD)最大レバレッジ
0 – 9991:無制限
0 – 4,9991:2000
5,000 – 29,9991:1000
30,000以上1:500

口座で使用できる最大レバレッジは、口座の有効証拠金によって異なります:

有効証拠金(USD)最大レバレッジ
0 – 9991:無制限
0 – 4,9991:2000
5,000 – 29,9991:1000
30,000以上1:500
経済ニュース

重要な経済ニュースが公開される15分前から5分後まで、ニュースの影響を受ける外国為替金融商品で発注された新規ポジションの必要証拠金は、最大レバレッジ1:200で計算されます。

重要な経済ニュースの発表スケジュールは、経済指標カレンダーでご確認いただけます。

重要な経済ニュースが公開される15分前から5分後まで、ニュースの影響を受ける外国為替金融商品で発注された新規ポジションの必要証拠金は、最大レバレッジ1:200で計算されます。

重要な経済ニュースの発表スケジュールは、経済指標カレンダーでご確認いただけます。

週末と祝日

必要証拠金上昇のルールは、週末に行われたすべての外国為替トレーディングにも適用されます。この期間中のすべての金融商品には、最大レバレッジ1:200が適用されます。祝日の場合は一部の金融商品と市場のみがこのルールの影響を受けるため、若干異なります。祝日により証拠金所要額が変動する場合は、メールでお知らせします。

証拠金所要額の変更についての詳細は、以下の「よくあるご質問」をお読みください。

必要証拠金上昇のルールは、週末に行われたすべての外国為替トレーディングにも適用されます。この期間中のすべての金融商品には、最大レバレッジ1:200が適用されます。祝日の場合は一部の金融商品と市場のみがこのルールの影響を受けるため、若干異なります。祝日により証拠金所要額が変動する場合は、メールでお知らせします。

証拠金所要額の変更についての詳細は、以下の「よくあるご質問」をお読みください。

よくあるご質問

Exnessでの外国為替取引に関して最もよくあるご質問は以下の通りです。

スプレッドのように証拠金所要額も動的であり、具体的には以下のような状況により変動します。

  • 重要なニュース発表の直前および直後

  • 土日祝日の前後

  • お客様の口座の有効証拠金変更時

重要なニュースが発表されると、大幅なボラティリティとギャップが生じる場合があります。急激な変動で損失が大きくなる場合があるため、変動の激しい市場で高レバレッジを使用することは危険です。そのため弊社ではニュースの発表時、影響を受ける商品のすべての新規ポジションのレバレッジを1:200に制限しています。

各種ニュース公開による証拠金所要額の上昇が15分未満の間隔で発生した場合、影響を受けた金融商品についてより長い時間にてまとめられる場合があります。その場合、証拠金所要額の変更に関する詳細をお客様の取引プラットフォームにて電子メールでお知らせいたします。

当該の期間経過後、その期間中に開かれたポジションの必要証拠金が口座の残金および選択されたレバレッジ値に基づいて再計算されます。

証拠金所要額上昇期間中にヘッジ注文を決済した場合、ヘッジされていないポジションが新規保有ポジションとして扱われます。よって、このポジションの証拠金は上昇した証拠金所要額に基づいて計算され、ヘッジ対象の金融商品の未決済取引に比例配分されます。

新規ポジションを発注する際の証拠金所要額は、金曜日の18:00 GMT(外国為替市場が閉まる3時間前)から日曜日の22:00 GMT(外国為替市場が開いてから1時間後)まで最大レバレッジ1:200に基づいて計算されます。

市場開始後1時間のポジションは、増額された証拠金所要額が適用されたままとなります。 証拠金所要額が増額される時間帯に発注されたポジションの必要証拠金は、市場開始後1時間は口座残高とお客様が設定したレバレッジに基づいて再計算されます。

指値注文レベルを設定する場合、以下のルールが適用されます:

  • 指値注文でのSLおよびTPは、その時点の市場価格から少なくともその時点のスプレッド以上離れた価格で設定しなければなりません。

  • 指値注文でのSLおよびTPは、注文価格から少なくともその時点のスプレッド以上分離れた価格に設定しなければなりません。

  • 保有中のポジションでは、SLおよびTPをその時点での市場価格からその時点でのスプレッド以上離れた価格に設定しなければなりません。

指値注文が価格ギャップに陥るのは一大事のため、Exnessでは金融商品の取引が開始されてから少なくとも3時間後に約定されたほぼすべての指値注文について、スリッページが無いことを保証しています。ただし、お客様の注文が以下の基準のいずれかを満たす場合、価格ギャップに続く最初の市場の建値で取引が約定されますのでご注意ください:

  • 流動性が低い、ボラティリティが高いなど、正常ではない 相場で指値注文の取引が行われた場合。

  • 指値注文が価格ギャップに陥るも、(価格ギャップに続く)最初の市場の建値と注文の指値のポイント差が金融商品の一定のポイント値(ギャップレベル値)と同等以上の場合。

特定の取引金融商品にギャップレベル規制が適用されます。

スワップフリーでトレーディングが行える金融商品:AUDNZD、AUDUSD、EURCHF、EURUSD、GBPJPY、GBPUSD、NZDUSD、USDCAD、USDCHF、USDJPY、AUDCHF、AUDJPY、EURAUD、EURCAD、EURGBP、EURJPY、EURNZD、GBPCHF、GBPNZD、NZDJPY、およびNZDCAD。

優待スワップフリー一覧に含まれていない金融商品は、週末を除いて毎日スワップが課されます。スワップの計算方法についての詳細は、ヘルプセンターの記事をご覧ください。スワップ費用の算出には、便利なExnessの計算ツールをご利用ください。

外国為替を取引しましょう

世界最大の金融市場に参入する