経済指標カレンダー

経済指標カレンダーで影響の大きいニュース、市場を動かす主要経済イベント、データ発表を把握しましょう。 このページをブックマークしカレンダーを定期的にチェックし、金融市場で起こっている出来事をくまなく把握するのにお役立てください。

時間通貨記号インパクトイベント実質予測直前

経済指標カレンダーについて

経済指標カレンダーは、市場を動かすイベントをモニタリングそして分析し、今後の値動きを予測するのに役立つツールです。 今後予定される、国レベル、国際レベルのニュースを日付順に時系列に並べて表示します。

これらの重大イベントは金融市場に大きなインパクトを持ち、通常発表やレポートなどの形で公表されます。 金融政策決定、経済指標、国内総生産(GDP)、非農業部門雇用者数(NFP)、金利決定などの発表がこうしたイベントの例となります。

Exnessのトレーダーには、ニュース発表の45分前にその時間とそのニュースにより影響を受ける金融商品について通知をお届けします。 通知は、取引プラットフォームの「受信箱」タブにメールで送信されます。

経済指標カレンダーを活用すべき理由

経済指標カレンダーは、今後予定されるニュース、レポート、発表をひと目で把握するのに欠かせません。

イベントは外国為替通貨ペア、株式、その他市場のボラティリティに大きく影響する場合があります。 したがって、トレードのプランを立て、イベントによって影響があり得るチャートパターンやインディケーターの動きを見逃さないようカレンダーを活用するのがトレーダーの常となっています。

イベントは発表時に値動きを極端にする可能性があるため、トレードをする日はカレンダーを前もって確認しておくのが最善です。

経済指標カレンダーの使い方

ドロップダウンリストから、複数の通貨および株式を選択できます。 既定値では、全項目が選択されています。 選択を終えたら、今後予定されているイベントがドロップダウンメニューの下の表に表示されます。

カレンダーに表示される取引商品は大幅に変化することがあり、今後予定されているイベントおよびニュースの数によって変動します。

経済指標カレンダーの読み方

必要な金融商品を選択すると、カレンダーにイベントの一覧が表示されます。

必要証拠金所要額の増加につながる重要ニュースは、「重要度」コラムの下に赤いアイコンでマークされます。

表で重要な数値は主に2つあり、それぞれ「実質」と「直前」となります。 この2つの数字が大きく離れる場合、該当する金融商品のチャートにボラティリティが発生する可能性があります。 一般的に、ボラティリティはイベントの15分前に高まり、イベントの15分後には収まります。

よくあるご質問

Exness経済指標カレンダーについて、よくあるご質問の答えをわかりやすくまとめました。

経済指標カレンダーは、トレードする金融商品の値動きに大きな影響を及ぼし得る国レベルおよび国際レベルでの経済および政治主要イベントをまとめたものです。

カレンダーは自動的に更新され、トレードに影響し得る今後予定されるイベントについてトレーダーに判断材料を提供します。

経済指標カレンダーに掲載されるイベントは、市場のボラティリティを高める大きな要因となるものであり、次のような発表、レポートとして計画されています。

  • 消費者物価指数(CPI)

  • 失業率

  • 国内総生産発表

  • 中央銀行利率決定

  • 非農業部門雇用者数(NFP)

カレンダーでは、今後予定されるイベントで金融商品の値動きに影響のあり得るイベントを掲載しています。 したがって、トレーダーにとって世界の国々でイベントが発生する日時と最新ニュースを把握しておくことは重要になります。

これらのイベントは多くの場合、計画的に行われており対応準備ができ、金融商品に発生しうるインパクトを把握することができます。 また、インディケーターとしてトレーディングのポテンシャルとチャンスを最大化するためにも利用できます。

経済指標カレンダーは、ファンダメンタル分析に基づきトレードするトレーダーにとっては大変重要なものとされています。 ただし、それ以外のトレーダーにとっても、市場のボラティリティには注意を払い不測の事態を避けることが重要です。